ようこそ雨晴食堂へ ゲスト 様

雨晴食堂TOP > 作り手から探す > 由起子窯 > 飯茶碗

由起子窯 / 飯茶碗

毎日使うものだからこそご自身のお好みのものを選んで頂きたいのが飯茶碗です。

雨晴お勧めのひとつは、こちらの由起子窯さんの作品。

ふっくら炊けた白いご飯。
旬の食材と一緒に炊いた混ぜご飯。

いつものご飯の時間がより美味しく、愉しく感じることでしょう。

由起子窯の代表作である黒唐津と長石釉の二つの釉薬をご用意しております。

おおらかなうつわ

土屋由起子さんはとってもおおらかで優しい方です。
そのおおらかさがうつわにも宿っているように思います。

「自我を出しすぎず、邪念を捨てて自然体で作りたいなと思っています。極力シンプルで、“ここにあっても良いですか?”くらい控えめなイメージのうつわを目指しています」という由起子さんのお言葉のとおり、土や釉薬、火といった自然からの恵みに逆らわずものづくりをされています。

その想いを込めて作られているうつわは一点一点サイズや重さ、かたちや釉薬の雰囲気が異なる個性的なものばかり。

由起子さんも由起子さんの作品も自然体であることが何よりの魅力。

皆様にもその魅力を感じて頂ければ幸いです。

飯茶碗の高台はざんぐり削った三日月高台。
唐津焼らしい土味が特徴です。

黒唐津と長石釉

唐津というと斑(まだら)唐津や絵唐津が有名ですが、由起子さんが最初に惹かれたのが黒唐津だったそうです。

しっとりとした黒。
艶やかな黒。
紫っぽい黒。
茶色味を帯びた黒。
緑がかった黒。

一言で黒といっても様々な表情で愉しませてくれる由起子さんの黒唐津。
雨晴スタッフは毎回どのような「黒」が出てくるのかなと入荷を楽しみにしています。

黒唐津は使い始めに白っぽく粉がふいているように見えることがありますが、水を吸うたびにしっとりとした黒に変化していきます。
陶器ならではの経年変化をお楽しみください。

長石釉は骨董品の唐津焼の中でも人気の品。土味を生かした風合いが特徴です。
由起子さんの長石釉は、使いやすさを考慮して独自のブレンドをした釉薬を用いて焼成しています。

釉薬がたまった所は鼠色に、
うすくかかったところは黄土色に、
火が強く当たったところは荒々しく焼け焦げたような雰囲気にと様々な表情で私たちを楽しませてくれます。

陶器は温かい食べ物をよそうときには温かいお湯を冷たい食べ物をよそう時は冷たい水を
十分に含ませてからお使い頂くことをお薦めしています。

しっとりした器に盛り付けたお料理はより美味しそうに見えますし、
油などの染みもつきにくくなるためうつわも美しく育っていきます。

飯茶碗 / しなもの一覧
現在登録されている商品はありません