ようこそ雨晴食堂へ ゲスト 様

雨晴食堂TOP > 作り手から探す > 由起子窯

由起子窯

作り手/土屋由起子素材/陶土、陶石地域/佐賀県唐津

Director of photography / Bungo Kimura
Director of photography / Bungo Kimura

[ 豆腐の味噌漬け ]

  • 木綿豆腐…1丁
  • 味噌…白味噌 360g
    赤味噌 240g
  • ガーゼ・タッパーを用意しておく
  1. 豆腐をキッチンペーパーで包み、まな板などではさむ。まな板の上に、皿などの重しをのせ、30分以上おき、水気を切る。適当な大きさに切る。
  2. 白味噌6対八丁味噌か赤味噌を4の割合で漬け床をつくる。
  3. タッパーに半分敷き詰め、濡らしてよく絞ったガーゼをひく。その上に豆腐を並べ、ガーゼをかぶせ、残りの味噌をまんべんなく、平らにのせる。
  4. 冷蔵庫で1晩以上おく。1週間以内に食べる。残った味噌でもう1回豆腐をつけたり、黄身をつけてもよい。

[ 栗ご飯 ]

  • 米…2と1/2合
  • もち米…1/2合
  • 水…3合分
  • 酒…大さじ2
  • 栗…500g
  • あずき…1/3カップ
  • 塩…適量
  1. 栗はさっと洗い、半日以上水に浸しておく。鍋にたっぷり水を張り、塩を少々入れ、沸騰させる。栗を入れ弱火で、30分茹でる。火を止め、茹で汁に浸したまま粗熱をとる。
  2. あずきをさっと洗い、半日以上水に浸しておく。鍋に浸した水ごとあずきを入れ、強火で沸騰させ、湯をこぼし、再び水をたっぷり入れて、火にかけ20分茹でる。
  3. 米を研ぎ、ざるにあげ30分置いておく。1の栗の皮をむく。
  4. 土鍋に米を入れ、あずき・栗・水・酒・塩を入れ30浸水させる。
  5. 蓋をし火にかけ強火にし、蒸気が吹き上げたら弱火にし12分したら、火を止め15分蒸らす。
  6. ※土鍋・鍋によって火加減と時間が変わるので、通常通りに火入れしてください。

幼少期から身近にあった唐津焼に魅了され、作陶をはじめたという土屋由起子さん。
つくっては使い、つくっては使いを繰り返し、食卓に素直に馴染むうつわを考えられています。
一見すると荒々しく力強い印象でありながら、随所に宿る女性らしい繊細さ。
その至妙のバランスとざんぐりした土味が、唐津焼の魅力を体現しているようです。
とくに黒唐津の景色は同じ釉薬でもひとつひとつが個性豊かで、
どんな料理も受け止めてくれる大らかさをもっています。
使い勝手がよく、盛り付けることが愉しくなるうつわです。

作り手のお仕事の現場を訪ねて、ものづくりの生産背景を知る。
作り手自身の暮らし方や道具の使い方を知ることで、心地よいくらしのヒントを得る。

くらしをつくる人 Vol.3
由起子窯 土屋由起子さん

[ プロフィール ]

土屋 由起子(つちや ゆきこ)
1971年
唐津に生まれる
1987年
作陶に触れ興味を持つ
1994年
古唐津窯址探訪/古唐津を基本とした作陶開始
1998年
唐津・中里隆氏に師事
2000年
初個展/ギャラリー一番館(福岡)
以後、各地で個展開催
2002年
現在地に由起子窯設立
2004年
結婚/夫は銀座小料理『ろばた』主人
2006年
長女出産/しばらく休業
2010年
作陶再開!
由起子窯 / しなもの一覧