ようこそ雨晴食堂へ ゲスト 様

雨晴食堂TOP > 作り手から探す > 村上雄一

村上雄一

素材/陶土、陶石地域/岐阜県土岐

Director of photography / Bungo Kimura
Director of photography / Bungo Kimura

[ 茶粥 ]

  • 玄米 … 2/3合
  • ほうじ茶 … 6カップ
  • あられ … 適宜
  • 塩 … 適量
  1. 米を研ぎ、鍋に入れほうじ茶を注ぎ強火で煮立たせる。煮立ったら弱火にし、鍋底から混ぜ、蓋をずらしてのせ、40〜50分煮る。
  2. 食べる際に好みで、あられ、塩をふる

[ 野菜の揚げ浸し ]

    [A]
  • 出汁 … 2 1/2カップ
  • みりん …… 大さじ4
  • 醤油 … 大さじ4
  • 砂糖 … 小さじ2
  • なす … 1本
  • ズッキーニ … 1/2本
  • パプリカ … 1/2個
  • ピーマン … 1個
  • 揚油 … 適量
  1. 小鍋に[A]を煮立たせ、保存容器に入れる。
  2. なす・ズッキーニを拍子切りにし、なすは水につけアクを抜き、水気を拭きとる。パプリカ・ピーマンは1センチ幅に切る。
  3. フライパンに2センチほど、油を注ぎ中火で熱し、菜箸からシュワシュワ泡が出たら(180℃くらい)野菜を揚げ、1に浸し、冷蔵庫で3時間寝かす。

岐阜県土岐を拠点に活動する気鋭の若手作家・村上雄一さん。
陶器、磁器、半磁器といったさまざまな素材をもとに、多彩なうつわを作陶しています。
前衛的で窯変が美しい藍色ブロンズプレート、清楚で凛とした白磁。
機能的で料理を引き立ててくれる高麗や粉引のうつわなど。
村上さんご自身が日々の食卓の中で愉しく使っているうつわは
使い心地もよく、料理を盛り付けてこそ輝くものばかりです。

作り手のお仕事の現場を訪ねて、ものづくりの生産背景を知る。
作り手自身の暮らし方や道具の使い方を知ることで、心地よいくらしのヒントを得る。

くらしをつくる人 Vol.4
陶芸家 村上雄一さん

[ プロフィール ]

1982年
東京に生まれる
2001年
沖縄県読谷村の山田真萬工房にて5年勤務
2009年
多治見市陶磁器意匠研究所修了
2011年
岐阜県土岐市に工房を構える
村上雄一 / しなもの一覧