ようこそ雨晴食堂へ ゲスト 様

雨晴食堂TOP > 作り手から探す > 弥左エ門窯

弥左エ門窯

素材/天草陶石地域/佐賀県有田

日本で最初の磁器である有田焼が誕生したのは1616年。
陶芸作家・岡晋吾さんは約400年前当時の有田焼の磁器の再現に取り組んできました。
その岡さんが作陶してきたうつわを、有田焼の老舗窯元・弥左エ門窯が
つくり上げたのが邂逅シリーズです。
陶石や釉薬のレシピを譲り受け、岡さん監修のもとに弥左エ門窯の熟練した職人たちが製作。
とろりとした釉薬の質感と機能的なフォルム、
古陶のような懐かしい風合が優しく食卓を彩ります。

[ プロフィール ]

弥左エ門窯は、文化年間(1804年)初代松本弥左ヱ門が、肥前有田皿山の上幸平で開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の変遷とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。 開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価されてきました。 近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造・販売にも携わり、各方面に活躍の場を広げています。

弥左エ門窯 / しなもの一覧