ようこそ雨晴食堂へ ゲスト 様

雨晴食堂TOP > 作り手から探す > KiKU

KiKU・竹俣勇壱

作り手/竹俣勇壱素材/金属地域/石川県金沢

石川県金沢市にアトリエを構える竹俣勇壱さん。
彫金師としてオーダージュエリーを手掛けながら、
カトラリーなどの日用品の制作にも取り組んでいます。
“カンカンカン”と小気味好い音色を奏でながら、
金属の板を叩いて形成する鍛金技法を用いてつくるのは、
美しい所作を演出するオリジナルのカトラリー。
そして、日本に洋食器が輸入され始めた頃の金型をいかしたryoシリーズ。
こちらは、猿山修さんがデザインを行い、
新潟県燕市の田三金属がプレスをしたものに、
竹俣さんが古色仕上げを施しています。
どちらも侘びた存在感が印象的で、
和食器やアンティークのうつわが並ぶ食卓にすっと馴染んでくれるのです。

[ プロフィール ]

1975年
石川県金沢市生まれ
1995年
彫金を学び始める
1997年
アクセサリーショップでアクセサリーの製作に携わる
2002年
独立。オーダージュエリーを中心に活動を始める
2004年
アトリエ兼ショップ「KiKU」オープン
2007年
ジュエリーに加え生活道具の製作を始める
2011年
金沢東山に「sayuu」オープン
KiKU・竹俣勇壱 / しなもの一覧